福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛

営業案内
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

お気に入りブログ

ゆこくっく

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

GWの営業案内

ゴールデンウィークが始まりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
酒庫なりよしは、定休日の日曜日と3日(木)憲法記念日を休業いたします。
それ以外の日は営業いたしますので、皆様のご来店を心より雄町しております。
なお、祝祭日は午後7時までの短縮営業になりますので、お気を付け下さい。
それでは皆様、良いGWを!
c0115019_10165852.jpg

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-30 10:17 | 営業案内

これが雄町の旨さだ~!

昨夜は福岡県京都郡みやこ町にある、
「残心(ざんしん)」・「九州菊(くすぎく)」醸造元の林酒造場さんの
新しいお酒になる予定の新商品サンプルを利き酒しました。

かつては“幻の酒米”と言われていた岡山県の品種「雄町」米を使った純米吟醸と
純米大吟醸です。
c0115019_13283141.jpg
山田錦に続いて人気の高い雄町ですが、穂が高く倒れやすい雄町米は
栽培が難しく手間がかかるため、生産農家が少ない貴重な酒米。
それでも、雄町米独特のふくよかで柔らかく丸い味わいを生み出す
雄町はファンの多い酒米でもあります。

しかしながら、昨今ではカプロン酸を多く出す酵母、
いわゆる香り系酵母を使う蔵が増えて、雄町米を使っていながら、
香りだけが突出して雄町の風味が台無しになっている悲しいお酒が
多く見受けられます。
非常にもったいない話です。
c0115019_13291280.jpg
そんな中、昨夜のサンプルは違いました。
化粧水の様に高い吟醸香はありません。
おだやかな吟醸香が少しだけ。
口に含むと、雄町の柔らかく丸い優しい旨味が口の中を転がります。
これっ!これっ!!この感じ~!!!
懐かしい旨さ~。
27年前に飲んだ雄町の味わいがココにある~~v(^^)v
雄町米と9号酵母(熊本酵母)が奏でるこの味わい。
お互いを邪魔せずに、お互いを引き立てて生み出された
バランスの良い味わいです。

いやいや、入荷が楽しみです(^^)


[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-28 13:31 | 九州菊

お酒の瓦版5月号 vol.231が出来上がりました!

c0115019_11373530.jpg
c0115019_11375039.jpg
ゴールデンウィークは、定休日の日曜日に加えて5月3日(木)憲法記念日は休業いたします。
1日・2日は通常営業、4日・5日は19時閉店の短縮営業です。
皆様の御来店を、心よりお待ちしております。

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-27 11:38 | 地酒

最近の売れ筋は酒屋八兵衛です!

今週は、新規の飲食店さんが御来店されて地酒の相談にのる機会が多いのですが、
どうやら、他の飲食店さんとの差別化を考えて、わざわざ遠方より足を運ばれているようです。

昨日は、酒屋八兵衛が多く売れる日でした!
c0115019_11004648.jpg
ちなみに、酒屋八兵衛の限定品の中でも特に人気の雄町 純米吟醸 無濾過生原酒が、ラスト1本になっています。

同じく酒屋八兵衛の人気酒 山廃純米無濾過生原酒は、まだたくさんございます。
酒屋八兵衛の人気酒で山廃純米無濾過生原酒です。
c0115019_11020807.jpg
うっかり八兵衛と言うよりも“まったり八兵衛”と言う感じ(^^)で
柔らかくてふくよかな旨味の酒屋八兵衛です!

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-26 11:04 | 酒屋八兵衛

二刀流の定番酒!

大阪の「秋鹿(あきしか)」と言えば、日本酒通でれば「あれは旨いよ!」と知れ渡る銘酒中の銘酒!
大阪と言うと、酒どころのイメージとはほど遠い印象ですが、
秋鹿が造られる大阪府豊能郡能勢町は、山と田んぼに囲まれた緑地で、
地元では美味しいお米が作られる米どころとしても有名のようです。
阪急能勢線の終着駅から車で約20分、途中で兵庫県や京都府にはいり、
また大阪府にもどって蔵に到着します。
銘柄に「鹿」と付くほどですから蔵の周りは山に囲まれた盆地。
山奥で造られる地酒は、生産量が少なくて大阪府内でもなかなか購入する事が出来ない
珍しい日本酒なのです。

そんな貴重な秋鹿は、しっかりとした個性的なお酒で、
酸と旨味が素晴らしく調和した食中向きの日本酒。
大きく分けると生酒と火入れ酒に分けられます。
緑瓶に詰められた生酒は、フレッシュさがありながら口の中で旨味が踊る感じ!
生酒ながらお燗も出来ない事はありませんが、冷温がおすすめ。

茶瓶に詰められた火入れ酒は、引き締まった味わいと落ち着きがあります!
冷温もいいですがお燗にする事により益々旨くなります。

そんな秋鹿ですが、
3月に新発売された「秋鹿 純米酒 稲穂ラベル」が素晴らしいくらいに
コストパフォーマンスが優れた旨酒なのです。
c0115019_11365865.jpg
冷やして良し、お燗でも良しで、今風に言えばまさに“二刀流”!!
アルコール度数が14度で飲みやすく、かつ味わいがあります。
重さやクセもなく、爽やかな酸と純米酒らしいふくよかな旨味が広がり、
サッとした切れ味が心地よい。

ひや(常温)やお燗で柔らかさとふくよかさ、そしてお米の甘味が出てきて
御飯の様なお酒になります。

火入れですので、保管は常温でOK!
飲みたい時にすぐ飲める。
肩肘張らないで飲める。
価格がお手頃(税込み1,8L 2592円)。
料理に合う純米酒です。

コスパ最高です。
家のみでも飲食店さんでも扱いやすく、飽きの来ない味わいが一般のお客様にも人気!

晩酌の定番、
飲食店様の定番にいかがでしょうか。

umazake Saves The Earth


[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-25 11:40 | 秋鹿

睡龍 純米吟醸28byの開栓二日目

睡龍🐉の純米吟醸28by二日目。
c0115019_11224208.jpg
まったりと味が膨らみました。
最近は、大吟醸みたいにやたらと香りがある吟醸酒が多いですが、
睡龍は吟醸酒らしいほのかな吟醸香で味わいがある味吟醸酒!

吟醸酒に厚化粧は必要ありませんね。
加藤杜氏、このお酒旨かば〜い‼︎



[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-23 11:24 | 睡龍・生もとのどぶ

待望の再入荷!

しばらくの間品切れしていました華鳩 特別純米 杜氏自作米が、
29byになって久しぶりに入荷しました!
c0115019_12361526.jpg
華鳩と言えば、杜氏一年目に広島県の日本酒コンテストを総なめにした
実力派杜氏の藤田杜氏が造る正統派です!
c0115019_12363080.jpg
その藤田杜氏が、自ら栽培した酒米で造った特別純米酒がこのお酒。
杜氏栽培米だけに生産本数が少ない人気酒です‼︎
c0115019_12364567.jpg
そして、島根県出雲市の天穏(てんおん)も入荷〜(^^)どれもこれも旨そう(^。^)
c0115019_12370629.jpg


[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-21 07:00 | 華鳩

さすが加藤杜氏!バリ旨やん!!

奈良県宇陀市の睡龍 純米吟醸28by。
c0115019_12303804.jpg
穏やかな吟醸香と柔らかくまろやかな味わい、
ややグレープフルーツの風味がありつつ、爽やかにキレていく。

今までの硬めでキリッとしたイメージとは違って、
まろやかで中吟醸らしい良か出来栄え!

冷温で旨い、燗酒だとさらに旨くなる‼︎
このお酒、凄い!!!

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-20 12:30 | 睡龍・生もとのどぶ

新しいから良いとは限らんとよ!

4月も中旬になり、ほとんどの酒蔵さんでは仕込みが終わり、
仕込み中の早い毎日からゆっくりとした時間が流れる毎日にかわり、
もろみ管理や上槽作業、瓶詰めや片づけが仕事に中心になっている
ことでしょう。

今酒造期は、例年にも増して寒い日が多く大変だったことでしょうが、
酒造りに関しては良い条件だったようです。
それは、搾りたての新酒を飲んでみても垣間見ることが出来ます。
綺麗で透明感のある酒質で、味があってキレも良い印象です。
c0115019_14271381.jpg
フレッシュさと同時に、渋さと硬さもあるのが搾りたて新酒の特徴ですね。
でも開栓したてが一番美味しいのでしょうか?

日本酒って、開けたときが一番美味しいと思われる方も多いことでしょうが、
じつはそうとも限りません。
仕込み方法や酒蔵の個性によるところもあるのですが、
お酒の性質や開栓時期にも関係してきます。
銘柄によっては、開栓直後が一番美味しい状態のお酒もあれば、
開栓してから日に日に美味しくなるお酒もあります。

特に、最近の新酒生酒は開栓してすぐは、とてもフレッシュで爽やかでありながら
まだ硬くて味が開いていなかったり、渋さが強かったり、
はたまた新酒生酒の特徴でもある麹ばなが強く感じることもあります。
これがまた新酒生酒の良いところでもあるのですが、
そのようなお酒は、開栓翌日や開栓後2・3日経つと
酸や渋さが丸くなり味に深みが出てきて美味しくなることが多くあります。

これは魚にも言えることでしょう。
日本酒と最も相性の良い食べ物と言えば、
真っ先に上げられるのが“刺身”ですが、
捕れたての魚は、活きが良くて身が締まっていて美味しい物です。
でも、魚のプロに言わせれば、釣りたての魚よりも
釣って何日か経った魚の刺身が、より美味しいと言います。
釣り上げてすぐに締めた後からアミノ酸が魚の体に回って美味しくなるそうです。

なんだか日本酒と一緒ですね!
日本酒はゆっくり・じっくり味ってください!!

あっ・・・、ちなみに酒庫なりよしで販売している海鮮珍味は、
開封してすぐが美味しいかよ(^^)
c0115019_14243008.jpg


[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-19 14:33 | 酒庫なり流日本酒講座

さらに美味しく!

広島県竹原市にある竹鶴酒造さんが造る「竹鶴 雄町 純米27by」。
開栓後、約半月経過しました。
c0115019_11160910.jpg
常温では酸が柔らかくなりましたがやや苦味を感じます。
しかし、熱燗にすると苦味が和らぐと同時に、
円やかさと味わい深さが口の中に広がる!

竹鶴は開栓してからますます美味しくなるお酒ですね!!
今夜も掘り立ての筍で盃が進みます(^^)

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-17 11:17 | 竹鶴