福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛

営業案内
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

お気に入りブログ

ゆこくっく

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

竹鶴の番外品が良い感じ!



小笹屋竹鶴 番外編が入荷しました!
c0115019_11224410.jpg
竹鶴酒造の顔である石川杜氏ではなく、N o,2の頭を務める藤原さんが杜氏役として指揮を執ったこのお酒、流石は竹鶴酒造のN o,2だけあって、よかお酒を造りんしゃーです‼️
c0115019_11240907.jpg
原料米のせいか、ややあっさり系ですが、旨かね〜(^^)
おでん🍢と一緒に飲みたか〜!!
c0115019_11242532.jpg
★小笹屋竹鶴 純米原酒 番外品 1,8L 3132円(税込)


[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-26 12:00 | 竹鶴

一回火入酒と二回火入酒の違いは・・・

贅沢すぎる試飲!
c0115019_10243013.jpg
なんと全く同じお酒の一回火入れと二回火入れのお酒を飲み比べです!
全く同じお酒なのに、火入れの回数違いでこんなに味が違うんやねー‼︎
と改めて実感。
c0115019_10245223.jpg
まだまだフレッシュさを感じながら旨味のボリュームがある一回火入れ。
そしてまだまだフレッシュさが残りながら落ち着きがあり、後から旨味が顔を出してくる二回火入れ。
c0115019_10250944.jpg
しかし旨かねー、天穏の馨は~。
今なら2種類とも販売中!
ぜひ飲みくらべてみてください(^^)v

★天穏 特別純米酒 馨 一回火入れ 1,8L 3024円(税込)
★天穏 特別純米酒 馨 二回火入れ 1,8L 3024円(税込)

[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-25 12:20 | 天穏

まるで赤ワイン・・・貴重な10年古酒がお気軽に飲める!

あれほど暑かった夏を忘れてしまうかの様に、急に秋らしく肌寒さを感じる今日この頃。
酒蔵では、早いところでは酒造りが始まっています。
これから来春までに誕生する日本酒は、平成30酒造年度で業界用語では平成30byと呼ばれます。
ですので、今発売されている日本酒でもっとも新しいのが平成29酒造年度に造られた平成29byの日本酒と言う事になります。

酒庫なりよしでもたまに、ラベルに記載されている瓶詰め年月日(酒税法的には瓶詰め年月日なのですが実際は蔵出しの日付を記載しているところがほとんど)を見てお酒を選ばれるお客様がいらっしゃいます。おそらく食品で言う製造年月日と混同されているのでしょうが、日本酒の場合は一定期間に年間分を製造しますので酒造年度(by)が同じであれば古い・新しいはありません。

なぜか、日本酒は新しければ良い・・・や日本酒は早く飲まないと酢になる・・・(少し古いですが)とおっしゃる方がいらっしゃいますが、同じお酒でもワインやウイスキー・ブランデーなどは古ければ古いほど良いイメージを持たれがちです。
ほんとうにそうなのでしょうか?
おそらく、日本酒の間違った情報が氾濫して通説になっているのではないでしょうか。

ほとんどの消費者の方々が思っている日本酒のイメージとは違い、日本酒もワインやウイスキー・ブランデーのように、熟成させる事で美味しくなるお酒がたくさんあります。寝かせる事によって深みと味わい、さらにまろやかさが出て味わいが上がるのですねー!
しかしながら、ワインやウイスキー・ブランデーの様にお金や技術では出す事が出来ない時間経過の付加価値で価格が上がるのが一般的です。
それはそうです、時間は何事にも変えがたい付加価値ですからね。
10年古酒なんかだと元のお酒の3倍~5倍くらいの価格設定になるのが普通です。

しかしそんな中、お客様感謝セールとして発売されたこのお酒が凄すぎる!
なんと、10年熟成ながら価格は通常商品と同じ価格!!
そんなありがたいお酒が、
c0115019_12065255.jpg
★睡龍 生もと純米酒19by 1,8L 3394円(税込)

まさに10年物の日本酒です!

日本酒のタイプをわかりやすく言うならば、吟醸酒などのフルーティーなタイプはドイツの白ワイン。
ドイツの白ワインは冷やして飲むと美味しいワインです。吟醸酒も一般的に同様に軽く冷やして飲むタイプ。

かたやお米の旨みがたっぷりあるしっかりボディのタイプはフランスやイタリアなどの赤ワイン。
赤ワインは室温・常温で飲むと美味しいワインです。お米の旨みがたっぷりある純米酒も同様に常温、もしくは温度を上げてお燗で飲むと美味しいタイプ。

ドイツの白ワインは熟成に不向きですが、赤ワインは熟成させる事によって美味しさが増します。
今日ご紹介する睡龍は、まさに赤ワインの様に熟成させて常温以上で飲むと美味しい日本酒。
c0115019_12075566.jpg
10年熟成の赤ワインだと数万円もしますが、睡龍 生もと純米だと今ならば1.8Lも入っていて3000円ちょいで飲めるありがたいお酒。
考えてみれば安い買い物です。
ぜひ、赤ワインの様に焼肉やステーキ、ハンバーグやトンカツとともに常温以上の温度帯で味わってみてください(おすすめは熱燗です!)。
素敵な夕食になることでしょう!!

それでは皆さん、幸せなお酒ライフを(^^)/

[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-24 12:13 | 睡龍・生もとのどぶ

無窮天穏が入荷しました!

「神話の国」と言われる島根県出雲市。
出雲と言えば出雲大社で知られますが、出雲大社の近くに「佐香神社(さかじんじゃ)」があります。
その佐香神社は、別名『松尾神社』と言われ酒造りの神様として信仰を集めます。
酒造りで松尾様と言えば、京都の松尾大社が“酒造りの神様”として有名ですが、
出雲の佐香神社は、京都 松尾大社の主祭神である大山咋命の分霊を祭ってあることから、酒造りの神様として信仰を集め別名 松尾神社とも呼ばれているのです。

天穏の杜氏を務める小島杜氏は、酒造りの事や出雲の事を調べる内に、神社の方々から話を聞く機会に恵まれました。そして昔の文献を見せていただく中に、酒造りのヒントを得たと言います。それはつまり、出雲の酒本来の姿ではないかと考え、研究を重ねる中で、天穏の元杜氏である名杜氏 長崎氏から伝承した酒造りを融合させた酒造りを目指す大きな機会となりました。

小島杜氏が杜氏になって間もない頃に転機が訪れ、それが形として生まれたのが「天穏 齋香(さけ)」と「無窮天穏(むきゅうてんおん)」です。
先日、「無窮天穏」の29byが入荷しました。
c0115019_11373025.jpg
出雲産五百万石を使った生もと造りの純米吟醸です。
生もと造りと聞けば、個性が強いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、「無窮天穏」は生もとの風味がありながら透明感のあるとても綺麗でスマートなお酒です。しなやかに口の中を通り、後半にフワリと旨味がふくらむ心地よいお酒。

一見おとなしい印象ですが、実は実は芯の通った好青年という感じ!
28byは若干やんちゃさがありましたが、29byは28byよりも味の精度が上がっていますね!!
c0115019_11384051.jpg
価格は3000円台後半でやや高めですが、この綺麗で透明感がありしなやかでありながら旨味のある味わいは、価格以上の味があります。
酵母無添加の生もと純米吟醸という酒造りを考えても、価格以上の価値があるお酒で、
そのことを合わせて考えると、このレベルのお酒が3000円台後半で飲めるのはとてもありがたい事と言えるでしょう。
ぜひ一度、天穏の世界を体験してください。

★無窮天穏 生もと純米吟醸29by 1,8L 3780円(税込)

[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-23 11:45 | 天穏

久しぶりの不老泉 奧琵琶湖は、やはり旨かった!

昨夜は久しぶりに仕入れた、滋賀県高島市にある上原酒造さんが造る地元用のレギュラー酒(旧1級酒)の「不老泉 奧琵琶湖 山廃仕込み」で晩酌!
c0115019_11154220.jpg
まず盃に注いで思わず出た言葉が「うわっ!良い色!!」(^^)
c0115019_11211125.jpg
口に含むと山廃仕込みの香ばしい酸を感じながらふくよかな旨味のふくらみが口の中に広がる!
これがレギュラー酒で地元用…?
いやいやレベル高すぎですね。
アル添、山廃ですが、この価格でこの酒質は、流石は不老泉!!
晩酌にもってこいのお燗酒です(^^)vす。
c0115019_11161087.jpg
★不老泉 奧琵琶湖 山廃仕込み 1,8L 2125円(税込)

[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-19 12:00 | 不老泉

秋の味覚と上質のひやおろし!

数ある福岡県の銘酒の中でも、酒庫なりよしが最も高く評価し、
飲むたびに唸るほどの旨さをもつ銘酒「旭菊(あさひきく)」。

流行り廃りに流されずに真摯に酒造りと向き合い、身の丈に合った酒造りは、
安定した酒質でぶれること無く日本酒愛好家を楽しませてくれます。

その「旭菊」さんから、秋の深まるこの時期に秋限定の「ひやおろし」が入荷しました!
秋の夜長に、秋の味覚を食べながら飲む旨い旭菊は、至高のひとときです(^^)
c0115019_17345423.jpg
★旭菊 綾花 純米 ひやおろし 1,8L 2808円(税込)



[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-18 17:36 | 旭菊

いいな~この純米酒!

昨夜は、島根県松江市の米田酒造さんが造る「豊の秋 特別純米 雀と稲穂」。
c0115019_10310773.jpg

30年ほど前と変わらない、この酸と旨味のバランスは蔵ぐせなのかな〜。
これが豊の秋ですね!
純米酒らしい酸とふくよかな旨味が絶妙にバランスしています
‼️しかも、価格は2千円台半ば。
ラベルは今どきじゃないけど、中身は素晴らしい(^^)v

★豊の秋 特別純米 雀と稲穂 1,8L 2646円(税込)



[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-11 10:31 | 豊の秋

竹鶴酒造の限定品、入荷!

広島県竹原市にある竹鶴酒造さんから、レアな数量限定品が入荷しました!!
毎年、お酒が熟成した秋になって発売される「小笹屋 竹鶴」です!!
c0115019_16303319.jpg
熟成と言っても、このお酒の本当の旨さはさらなる熟成を経て益々旨くなるのですが、商品は今確保しておかないとアッという間に蔵出しが完売するお酒もあります。
c0115019_16310971.jpg
さてさて、今年の出来具合はどうでしょうか?開栓が楽しみです(^^)
大和町産雄町&宿根町産雄町は、四合詰もございます。
数量は少ないですが・・・(^^;;







[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-06 16:33 | 竹鶴

綿屋のひやおろしは川口納豆???


宮城県栗原市にある金の井酒造さんが造る綿屋 特別純米酒 ひやおろしです。
セカンドネームはなんと「川口納豆」!
c0115019_10520178.jpg
日本酒なのに納豆?
酒造りには御法度なのに納豆?
今年で3年目になる川口納豆ですが、毎年大人気のお酒なのです(^^)

キラキラした酸とソフトな米の旨味、そして力強さがあります。
酒だけではなく、食事しながら飲むと更に美味しさが増す純米ひやおろしですね!
川口納豆の由来んを知りたい……?
その意味は、酒庫なりよしで(^^)‼️

★綿屋 特別純米 川口納豆 ひやおろし 1,8L 3400円(税込)

[PR]
by umazake-nariyoshi | 2018-10-02 10:54 | 綿屋