福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛

営業案内
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

お気に入りブログ

ゆこのつらつらブログ

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

夏の牡蠣フライ

今日も蒸し暑い福岡でした。よくもまあこれだけ毎日毎日暑い日が続くものです・・・。7月がこれですから、8月になるとどうなるのでしょうか・・・(><)

昨夜は、御中元ギフトカタログに載っている広島の牡蠣フライを食べました。
c0115019_18442785.jpg御中元カタログを見ていると、なんと美味しそうな牡蠣フライが載っているではありませんか。店主なるきちとゆこさんは、自他共に認める牡蠣好き!自宅用に取り寄せました。
ゆこさんが米油を使ってカリッと揚げた牡蠣フライは絶品でした!う~ん、夏に食べる牡蠣フライはおつな味です!

c0115019_18445712.jpgお酒は、どれにしようか考えた結果「菊姫 山廃純米呑切原酒」にしました。これがよく合うんです(^~^)フライに負けない濃醇なボディとキレのある酸が口の中の油を洗い流して、牡蠣がお酒がすすむ君です!このお酒は、暑い夏でもスキッと旨い絶好の旨酒ですね。
牡蠣フライと菊姫 山廃純米呑切原酒で、幸せな食卓でした~(^^)/^

下記バナーをポチッと押して、応援お願いいたします。
c0115019_1842363.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-22 18:56 | 今日の一本

待望の「桐野」が入荷!

今日の福岡は曇り空ですが、“蒸し暑い”(><)クーラーが効いてる店内は涼しいのですが、外に出るとたちまち汗がドバーっと出てきます。カラッとした夏が恋しい今日この頃です。

ご存じですか?「桐野」って。この焼酎は、鹿児島県の中俣合名さんが造った超限定芋焼酎なのです。昨年は、全国でたったの19軒でしか販売されなかったレア物です。今年から、酒庫なりよしでもテスト店ということで分けていただくことになったのですが・・・入荷本数は、毎月わずか6本。どうやって売るんじゃい・・・という感じですが、限られた本数を大切に売っていきたいと考えています。
c0115019_1658525.jpgさて、この「桐野」ですが、銘柄の由来は幕末の薩摩隼人「桐野利秋」から命名されました。
桐野利秋は、前の名を「中村半次郎」と言い、自顕流の凄腕で、敵からは「人斬り半次郎」と恐れられたそうです。かの新撰組局長 「近藤勇」も一番恐れた男という話。
芋侍から陸軍少将までなりながら、官職も捨て西郷さんと生死をともにした薩摩隼人で、波乱万丈を生き、最後まで薩摩男を貫いた薩摩芋侍。
薩摩「桐野」として銘柄に刻むことは鹿児島県人として誇りであり、責任も重く、この焼酎から色々なものを伝えていかなければならない。という気合いの入った芋焼酎なのです。
そのため、どこでんかんでん出すわけにはいかん!ということでテスト店という形で入荷しました。
「桐野」という名前、そして黒瀬杜氏 黒瀬 勉氏が造る入魂の芋焼酎「桐野」。
数に限りがございますが、ぜひ一度お試しください!早い者勝ちです!!

・桐野 芋焼酎 25度 1,8L 2,840円 (毎月入荷数限定6本)
   白麹仕込み 甕仕込み 甕貯蔵 
   麹米/佐賀県産 山田錦
   芋/焼酎造りに最適な南薩摩産「黄金千貫」を厳選して使用

下記バナーをポチッと押して、応援お願いいたします。
c0115019_165779.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-21 16:59 | 焼酎

お待たせしました、大好評「きりこみ」入荷!

今日も暑い一日でした(><)朝6時から蝉がワシ・ワシと大きな声で鳴いていました。
c0115019_18355112.jpg最低気温が27・28度ですから・・・蝉も元気なはずですね(**;
酒庫なりよしの裏にある木に、蝉の抜け殻がついていました。
夏ですね~。

品切れしていた「きりこみ」が本日入荷しました。
「きりこみ」とは、三陸地方の漁師さんが造るイカの塩辛です。
c0115019_1836347.jpgイカの塩辛は、もともとイカとイカ腑と塩だけでじっくりと発酵、熟成させ、生イカとは全く違う味わい深い旨みとコクを醸し出す発酵食品です。しかし、最近はそうではない塩辛が主流になっているそうです。この「きりこみ」は、真冬に三陸で獲れる身が厚い刺身用の真イカのみを使い、天然の海水塩とイカ腑、米麹だけでじっくりと約1ヵ月をかけ発酵・熟成させた本物のイカの塩辛で、着色料や保存料などの添加物は一切使っていない本物のイカの塩辛です。
お陰様で、只今大好評・大人気の「きりこみ」が入荷しました(^^)/^
こいつはまさに“最高の肴”ですね(^~^)

下記バナーをポチッと押して、応援お願いいたします。
c0115019_1833237.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-20 18:37 |

久しぶりに「百姓百作」が入荷!

フ~、今日も暑かったですね~(><)にわか雨も少しだけ降りましたが、照りつける太陽と蒸し暑さでめちゃくちゃ暑かった福岡です。今年一番の暑さじゃなかったのかな・・・!?

久しぶりに「百姓百作(ひゃくしょうひゃくさく)」が入荷しました!
c0115019_19213591.jpgこの焼酎は限定販売品なので、待ちわびていたお客様も多い焼酎です。
原料は、種子島の安納地区だけで収穫される希少な安納芋。安納芋は、オレンジ色をしていて、カロチン、カルシウム、ビタミン、食物繊維などの栄養素が豊富で糖度も高い芋です。もう一つの特徴は、一般的に焼酎で使われる白麹や黒麹ではなく、黄麹で造られています。黄麹は日本酒造りに使われる麹ですが、鹿児島焼酎のスタートは黄麹でした。黄麹を使うと優しいフルーティーな芋焼酎になります。しかしながら、かめ仕込みで一年間貯蔵熟成させたこの焼酎は、黄麹焼酎の中でも旨みたっぷりのほっくりした味わいが旨い!
名前の由来は、福岡県で完全無農薬有機栽培農業を営む古野さんの言葉「百の仕事をするから百姓、何でも作るから百作。創意工夫の世界。それが百姓百作です」と言うところから来ているそうです。
限定品です、お早めに!ホームページ未掲載。
ちなみにラベルは芋の繊維から出来ているそうです。

・「百姓百作」25度芋焼酎 1,8L 3,000円 720ml 1,680円

下記バナーをポチッと押して応援お願いいたします。
c0115019_1954685.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-19 19:21 | 焼酎

新規オープン 藤崎の「鮮菜和食 とまや」さん

今日も暑い・・・福岡です。連日30度以上の真夏日が続き、少々ばて気味・・・。

c0115019_12552899.jpg先日、西新は藤崎(住所は百道)にある開店したばかりの「鮮菜和食 とまや」さんに」行って来ました。場所は、早良口交差点にあるロイヤルホストの道を挟んで斜め前(海側)にあります。
靴を脱いで上がる店内は、色遣いや照明もこっていてとてもお洒落な内装です。カウンター席が15席、座敷席が20席の掘り炬燵なのでゆっくりくつろげます。お魚や各地の郷土料理がメニューに並び、付け出しも美味しくお手頃な価格。
注目の日本酒は、全て酒庫なりよしのお酒で、定番&期間限定を合わせて6種類(^^)/^

開店当初のお酒は、
白瀑 純米酒 ど辛 +12
根知男山 60%純米酒
醴泉 純米吟醸 雄山錦
秋鹿 純米吟醸 超辛口
綿屋 特別純米酒 美山錦
上喜元 純米吟醸 赤磐雄町
の6種類です。

料理もスタッフも活きのいい素敵なお店です。
ぜひ一度、訪れてみてください。

「鮮菜和食 とまや」
  福岡市早良区百道2丁目9-3-1F
     (地下鉄藤崎駅2番出口から徒歩1分)
  営業時間 17時~翌1時
  TEL 092-843-2208

下記バナーをポチッと押して、応援お願いいたします。
c0115019_12505930.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-18 12:58 | イベント&飲み方

呑み切り原酒入荷!【限定だよ~ん(^^)/^】

今日も暑い一日でした・・・。博多の夏の名物である「博多祇園山笠」も今朝終わり、これから夏本番の福岡です。

菊姫さんから今の時期に楽しみな限定酒が入荷しました。「菊姫 山廃純米無濾過呑切原酒」です。
c0115019_19274033.jpg最近では、「呑み切り」を出す蔵も少なくなりました。昔ながらの伝統を感じさせる楽しみなお酒ですね!
「呑み切り」とは・・・?
昔から一般的に冬に造られたお酒は一回火入れをして暑い夏の間、涼しい蔵の中で熟成させて秋に出荷されます。
その途中の6月~9月に、タンクのお酒の熟成経過をみるために、蔵元さんや杜氏さん、鑑定官指導員の先生などでタンクの飲み口を切り、熟成具合を確認する行事を「呑み切り」と言います。
その時に少量だけ出荷されるのが一回火入れの生詰め酒「呑み切り」。
今の時期だけの限定酒です(^^)この機会に、ぜひお試しを!

下記バナーをポチッと押して応援お願いいたします。
c0115019_19255393.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-15 19:28 | 地酒

なんか寂しいッスね

今日も蒸し暑い一日でした(:;)店内は涼しいのですが、外に出るとドバッーと汗が出ます。
今朝は久しぶりに町内ソフトボールの試合がありました。もちろん試合は大敗で、点数も覚えていません(^^;しかし、店主なるきちに久しぶりのホームランが出ました\(^^)/ホームランバッターではないのでたまたまですが・・・(^^;

c0115019_18374420.jpg博多の町は「博多祇園山笠」一色になっているようです。しかしながら、7月9日の西日本新聞 夕刊をみると「山笠 直会やめます」の記事。飲酒運転撲滅の試みなのでしょうが、御神事とお酒は付き物ですし、各人モラルの問題で御神事とは関係がないと思うのですが、767年の伝統を誇る博多祇園山笠でも一つの山が今年から直会をやめるそうです。寂し~。
また、地元の夏祭りでも主催者のテントでの缶ビール販売をやめるという話です。一般のテントでは販売するところもあるそうですが、主催者の区役所ではジュースのみ販売という話。
なんか、寂しいですね・・・。
まったくもって酒販業界には逆風が吹きまくっています。

下記バナーをポチッと押して、応援お願いいたします。
c0115019_18363992.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-13 18:38

日本酒もおしゃれにならないと!

暑い~。今日は一日中曇り空ですが蒸し暑い~福岡です。

c0115019_17102717.jpg昨夜は、昨日ご紹介しました「加茂福 純米吟醸にごり酒」を開栓しました。
瓶には「開栓には充分ご注意ください」と書かれているので、細心の注意をはらって開栓しました。しかし、しっかり冷えているせいか苦労せずに簡単に開栓終了!一度、栓を開けた後に再び栓をして混ぜ合わせ、白くなった状態でグラスに注ぐと、カルピスのようにきれいな乳白色です。
飲むと、炭酸ガスはほとんど感じませんが、シャープな口当たりでさっぱりしていて美味しい(^^)/^まさに夏向けです!
若干苦みを感じますが、2・3日すると無くなりそうな程度です。2年前に同タイプのお酒を仕入れたときには、にごらーのナギーさん曰く「ぬる燗すると旨い!」ということで、店主なるきちも初めてにごり酒をお燗にして飲んだことがあります。結果は、店主なるきちビックリ(*0*)にごりのぬる燗って旨いです!そんなわけで、今晩はぬる燗で一杯飲ってみます(^^)/^

c0115019_1711562.jpg先日の東京出張の際に、東京駅にある某有名地酒専門店さんが出しているお店をのぞいてみました。これが噂のお店か・・・と店内をじろじろ見た後に買ってきたのが180ml入りの小瓶に入ったお酒。2・3年前にカップ酒が流行りましたが、今では下火。こちらの瓶はおしゃれでかわいく、空気に触れる面積も少ないうえにガラス瓶に色がついているので酸化・劣化の心配も少なそうです。う~ん可愛い。一合で500円近くするのでかなり値段は割高ですが、日本酒の瓶やラベルもおしゃれにならないといけないな~と思うこの頃です。
※左側にある「秋鹿 純米大吟醸無濾過生原酒おりがらみ 入魂之一滴19by」は、大きさの比較用ですので関係ございません。

下記バナーをポチッと押して応援お願いいたします。
c0115019_174415.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-12 17:12 | 地酒

加茂福の純米吟醸 活性にごり酒が入荷!

今日も暑い一日でしたが、ここ数日に比べるとやや雲がかかっていて蒸し暑かった福岡です。

c0115019_18223512.jpg夏にピッタリの日本酒といえば、最近人気が高まっている“活性にごり”酒!
先日、蔵元さんに御電話した際に「面白いお酒がありますよ!やってみませんか?」と言うことで早速仕入れたのがこのお酒です。昨年冬に仕入れた「純米吟醸 おりがらみ生」が好評だった加茂福ですので、今回も期待がもてます(^^)/^
c0115019_18294622.jpg加茂福の蔵元さんは、島根県酒造組合主催の利き酒協議会で“利き酒チャンピオン”になったお方。(ちなみに、店主なるきちの知人 中さんは大分県の利き酒チャンピオン)
蔵元自ら杜氏となって手造りの美酒を醸す蔵です。今晩が楽しみ(^~^)

日本一縁起の悪いお酒「死神」も入荷しました。

下記バナーをクリックして、応援お願いいたします。
c0115019_18211661.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-11 18:30 | 地酒

試飲酒が届きました

連日30度を超える真夏日が続く福岡です。建物や車の中は35度を超えているときもあるくらい、とにかく暑い・・・。

c0115019_23594240.jpg先日、「日本酒新時代シンポジウム」でお会いした蔵元さんから試飲酒が届きました。
実は、数年前にも実費で試飲酒を送っていただいたことがあります。今回も、実費でお願いしたところ一本多く送っていただきました。
感謝m(_)m

さて、味はどうでしょうか。試飲が楽しみです!

そろそろ御中元で忙しくなってきました。出来るだけ更新・更新。下記バナーをポチッと押して応援のお願いいたします!
c0115019_23583491.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-07-11 00:00 | 地酒