人気ブログランキング |


福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒

営業案内
お酒の瓦版
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

お気に入りブログ

ゆこくっく

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:天穏( 42 )

超レアな天穏

平成も今日を合わせて5日で役目を終え、6日後には、いよいよ令和に成ります。
巷では、10連休の話題がほとんどですが、
平成天皇の御退位と、新天皇の御即位という歴史的な国民的行事を迎える今年のGW。

御退位を前に、平成天皇・皇后の両陛下が伊勢神宮を参られているご様子をテレビで拝見いたしましたが、伊勢神宮と同様に日本を代表する神社といえば出雲大社があります。

出雲大社は大国主大神(おおくにぬしのみこと)を奉り、国造りの神、農業神、商業神、縁結びの神様、酒の神として有名ですが、その出雲でもう一つ酒神の祖として知られるのが佐香神社です。

その佐香神社は、別名『松尾神社』と言われ酒造りの神様として信仰を集めます。
酒造りで松尾様と言えば、京都の松尾大社が“酒造りの神様”として有名ですが、
出雲の佐香神社は、京都 松尾大社の主祭神である大山咋命の分霊を祭ってあることから、酒造りの神様として信仰を集め別名 松尾神社とも呼ばれているのです。

天穏の杜氏を務める小島杜氏は、酒造りの事や出雲の事を調べる内に、神社の方々から話を聞く機会に恵まれました。そして昔の文献を見せていただく中に、酒造りのヒントを得たと言います。それはつまり、出雲の酒本来の姿ではないかと考え、研究を重ねる中で、天穏の元杜氏である名杜氏 長崎氏から伝承した酒造りを融合させた酒造りを目指す大きな機会となりました。

そして平成27酒造年度に誕生したお酒が「天穏 生もと純米吟醸 齋香(さけ)」です。
c0115019_12231515.jpg
このお酒をはじめて飲んだときの衝撃は今でも忘れることはありません。
しなやかで透明感があり綺麗なお酒なのですが、その中からふくよかさと力強さがあるのです。
仕入れたお酒は、あっという間に完売!
その後、毎年、秋になると新しい酒造年度の齋香が少量ですが発売されて、今では人気酒の限定商品となっていますが、なんと今回初年度に造られた齋香が3年の熟成期間を経て発売されたのです!!
しかし、入荷本数は僅かに3本・・・。
c0115019_12234621.jpg
価格は、3年熟成ながら1080円高いだけの1,8L 5400円(税込)。

ぜひ、この歴史的な国民行事をテレビで見ながら、天穏 齋香 3年熟成で御祝いしようではありませんか!

★天穏 生もと純米吟醸 齋香 3年熟成 27by 1,8L 5400円(税込)

定番もございます。
★天穏 生もと純米吟醸 齋香 29by 1,8L 4320円(税込)

<GWの営業>
27日(土)通常営業
28日(日)・29日(月) 休業
30日(火)~5/4(土) 営業(午後6時30分閉店)
5日(日)・6日(月)休業



by umazake-nariyoshi | 2019-04-26 12:28 | 天穏

人気の「雄町」

2月は「逃げる」と言われますが、その言葉通りあっという間に2月が過ぎて3月に入りました。
3月も「去る」と言われるように、アッという間に過ぎていきそうです。
年度の終わり、充実した月にしたいですね!

山田錦は酒米の王様と言われ、とても人気が高い酒米ですが、山田錦に負けないくらいファンが多い酒米が「雄町(おまち)」です。
雄町は、岡山県で栽培される酒造好適米ですが、最近は近隣の県(広島県や島根県)でも栽培されています。
一時は、稲の背が高くて倒伏しやすいために栽培が難しく、栽培農家産が減って絶滅しかけましたが、地元の酒蔵さんと農家さんの協力で最近では生産量が増えているようです。

お米の特徴は、粒と芯白が大きくて柔らかい晩生の酒米で、山田錦と同じように味わいのあるお酒になります。
雄町で造られたお酒は、雄町特有の柔らかさがあり、ふくよかで、丸い口当たりと旨味があるため、多くの日本酒好きを魅了する人気の酒米なのです。
c0115019_13044584.jpg
酒庫なりよしでは、「竹鶴」「天穏」「龍勢」「開運」の雄町酒がございます。
今のおすすめは、ひや良し、熱燗良しのこの2種類がおすすめ!!

★龍勢 特別純米 備前雄町(広島県) 1,8L 3024円(税込)
  ・原料米/備前雄町 ・精米歩合/65% ・醸造年度/29by
  ・日本酒度/+9 ・酸度/1.9 ・酵母/7号
  ・アルコール度数/16度

★天穏 生もと純米 改良雄町 2火(島根県) 1,8L 2970円(税込)
  ・原料米/改良雄町 ・精米歩合/70% ・醸造年度/29y 
  ・日本酒度/+8 ・酸度/1.7 ・酵母/無添加
  ・アルコール度数/15.5度

あらっ、気がつけば2種類とも名杜氏 長崎芳久さんのお弟子さんが造ったお酒だ!
うまい雄町酒を飲み比べてみんしゃい!! 






by umazake-nariyoshi | 2019-03-01 13:06 | 天穏

開いてきました!

立春を過ぎ、今日は春一番を思わせるような強風と暖かい気温でした。
春は少しずつ一歩一歩近づいていますね。
春の訪れを感じるように花が咲き始めるのもこれから。

そんな中、一足早く開き始めたお酒が酒庫なりよしにあります。

島根県出雲市にある板倉酒造の小島杜氏が醸した純米酒、
「天穏(てんおん) 山廃純米 山田錦29by」です。
c0115019_17300911.jpg
このお酒は、約一年前に造られた29byの純米酒。
できあがったお酒を蔵の中で約6ヶ月以上熟成させて、
万の辞して昨秋に発売された山廃純米酒です。

熟成させることにより山廃仕込みの特徴である酸が柔らかくなり味にふくらみが増します。
さらにお燗をすることに燗上がりしてますます旨くなるのが山廃酒の特徴。
(※天穏の山廃は透明感があり冷温でも美味しいです)
風の噂では、「29byの山廃 山田錦はすごいぞ~!」と聞いていましたが、
店主なるきちが飲んだ感想としては、まだ味が開いていない・・・。
のが昨秋の印象でした。

それから数ヶ月経過して飲んだ感想は

「開いてきた!風の噂通りこのお酒いいお酒やな~!」

柑橘系の透明感ある酸が丸くなり、山田錦の甘酸っぱい旨味とふくよかな旨味を感じます。その旨さは、やはり“酒米の王様”山田錦ならではの旨味。
そして、このお酒のすばらしいのは抜群のキレの良さ!!
お米の甘み、お酒の旨味がありながらキレがいいので後に残らずに口の中がリセットされるようにまた飲みたくなるのです。
今時のお酒で、ここまでキレの良いお酒はなかなかお目にかかれない。
若いながらも、小島杜氏の腕前の高さを感じた一本でした。

冷温でも、ひやでも美味しいですが、料理を食べながら熱燗で飲んでいただきたい旨酒です!!!
店主なるきちは、しまほっけの焼き魚と一緒に飲みました。
美味しかったです(^^)

★天穏 山廃純米 山田錦29by 1,8L 2970円(税込)
      ※この味でこの価格は安い!
 ・山田錦 ・70%精米 ・アルコール度数15.5度
 ・日本酒度+6 ・酸度1.8 ・酵母無添加 ・無濾過 ・2回火入れ


by umazake-nariyoshi | 2019-02-19 17:36 | 天穏

一回火入酒と二回火入酒の違いは・・・

贅沢すぎる試飲!
c0115019_10243013.jpg
なんと全く同じお酒の一回火入れと二回火入れのお酒を飲み比べです!
全く同じお酒なのに、火入れの回数違いでこんなに味が違うんやねー‼︎
と改めて実感。
c0115019_10245223.jpg
まだまだフレッシュさを感じながら旨味のボリュームがある一回火入れ。
そしてまだまだフレッシュさが残りながら落ち着きがあり、後から旨味が顔を出してくる二回火入れ。
c0115019_10250944.jpg
しかし旨かねー、天穏の馨は~。
今なら2種類とも販売中!
ぜひ飲みくらべてみてください(^^)v

★天穏 特別純米酒 馨 一回火入れ 1,8L 3024円(税込)
★天穏 特別純米酒 馨 二回火入れ 1,8L 3024円(税込)

by umazake-nariyoshi | 2018-10-25 12:20 | 天穏

無窮天穏が入荷しました!

「神話の国」と言われる島根県出雲市。
出雲と言えば出雲大社で知られますが、出雲大社の近くに「佐香神社(さかじんじゃ)」があります。
その佐香神社は、別名『松尾神社』と言われ酒造りの神様として信仰を集めます。
酒造りで松尾様と言えば、京都の松尾大社が“酒造りの神様”として有名ですが、
出雲の佐香神社は、京都 松尾大社の主祭神である大山咋命の分霊を祭ってあることから、酒造りの神様として信仰を集め別名 松尾神社とも呼ばれているのです。

天穏の杜氏を務める小島杜氏は、酒造りの事や出雲の事を調べる内に、神社の方々から話を聞く機会に恵まれました。そして昔の文献を見せていただく中に、酒造りのヒントを得たと言います。それはつまり、出雲の酒本来の姿ではないかと考え、研究を重ねる中で、天穏の元杜氏である名杜氏 長崎氏から伝承した酒造りを融合させた酒造りを目指す大きな機会となりました。

小島杜氏が杜氏になって間もない頃に転機が訪れ、それが形として生まれたのが「天穏 齋香(さけ)」と「無窮天穏(むきゅうてんおん)」です。
先日、「無窮天穏」の29byが入荷しました。
c0115019_11373025.jpg
出雲産五百万石を使った生もと造りの純米吟醸です。
生もと造りと聞けば、個性が強いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、「無窮天穏」は生もとの風味がありながら透明感のあるとても綺麗でスマートなお酒です。しなやかに口の中を通り、後半にフワリと旨味がふくらむ心地よいお酒。

一見おとなしい印象ですが、実は実は芯の通った好青年という感じ!
28byは若干やんちゃさがありましたが、29byは28byよりも味の精度が上がっていますね!!
c0115019_11384051.jpg
価格は3000円台後半でやや高めですが、この綺麗で透明感がありしなやかでありながら旨味のある味わいは、価格以上の味があります。
酵母無添加の生もと純米吟醸という酒造りを考えても、価格以上の価値があるお酒で、
そのことを合わせて考えると、このレベルのお酒が3000円台後半で飲めるのはとてもありがたい事と言えるでしょう。
ぜひ一度、天穏の世界を体験してください。

★無窮天穏 生もと純米吟醸29by 1,8L 3780円(税込)

by umazake-nariyoshi | 2018-10-23 11:45 | 天穏

天穏の限定酒!

お盆も開けて後半戦に突入したとたんに、またまた台風が接近中の日本列島。
広島、岡山などの中国地方や、山形県などの東北地方、北海道ではまだまだ前の台風や大雨の影響で復旧していない所もあるでしょう。被害が出ない事を祈るばかりです。

さて、夏酒も出払った感がありますが、夏酒というわけでない夏向きのお酒が入荷しました!
島根県出雲市にある板倉酒造さんが造る「天穏(てんおん)」の“無窮天穏”シリーズから『天雲(あまくも)』が登場!!
c0115019_11561954.jpg
生もと仕込みの純米吟醸で原料米は雄町を使用。そして、このお酒の特徴はアルコール度数が若干低い事。
このクソ暑い中でも、スルリと飲める口当たりと柔らか雄町のふくらみを感じます。
生もとですが冷温でも飲みやすい飲み心地がこの酒の売り!!!

c0115019_11570431.jpg

冷温でスッキリ飲めるシャープな辛口です。
でも、店主なるきちのおすすめはクーラーの効いた部屋で飲むぬる燗かな(^^)

by umazake-nariyoshi | 2018-08-22 11:57 | 天穏

天穏 純米吟醸が入荷!

昨日は30.5度、今日は31.4度と真夏日の福岡市内・・・
とても初夏の気温ではないですね~。
真夏の暑さです。
5月も半ばなのに酒庫なりよしの店内は、
お酒のために昨日からクーラーのスイッチを入れました。
あ~、電気代が飛んでいく~~。
そんな中、今日のおすすめはコレ。
c0115019_18444875.jpg
神話の国 出雲の銘酒「天穏(てんおん)」の純米吟醸です。
生産量が少ないことから昨年は注文が殺到し、
発売開始から1ヶ月も持たずにアっという間に蔵出し完売になりました。
今年は生産量が増えた事もあり、昨年よりは長く発売されそうですが、
人気の天穏ですから、いつ無くなるかは不安はつきません。
c0115019_18475555.jpg
小島杜氏の目指す綺麗で品のある透明感がある酒質、
雄町米の柔らかな旨味とまろやかさ、後口も上品な余韻があり、
スルスル〜と消えていきます。
7号酵母のクリアーさがあり、吟醸酒らしい吟醸酒です。
食中酒には、こんなお酒が最高です(^^)v


★天穏 純米吟醸 改良雄町29by 1,8L 3672円(税込)


by umazake-nariyoshi | 2018-05-16 18:48 | 天穏

予定外の仕入れ!

昨日、今日と暖かい五月晴れに恵まれた福岡です!

立夏を過ぎて暦の上では夏になりました。
まぁ、今年の暑さを考えれば初夏という言葉がピッタリ当てはまる暑さ。
ちなみに今日の福岡は予想最高気温が26度の夏日です。

今までは「夏酒」といっても、「夏酒というにはまだ早かね~」っていう
感じでしたが、今年はそう感じないのは暑さのせいでしょう。
5月に入り「夏酒」もボチボチ蔵出しされていますが、
今日ご紹介するお酒は夏酒ではなく、新酒生酒です!

暑くなり、新酒生酒の仕入れもそろそろ控えようと思っていました。
いや、控えていました。
そのはずが・・・
このお酒を飲んで気が変わりました。
c0115019_10552618.jpg
島根県出雲市にある「天穏(てんおん)」醸造元の板倉酒造さんは、
発注したお酒が入荷した際に、商品サンプルを同送してくれます。
その中に、注文していない純米無濾過生原酒のサンプルが入っていました。
「もう生はいいかな~」と思いながらそのサンプルを試飲。
c0115019_10591413.jpg
「えっ、これバリ旨(バリバリ旨いの略)!」
新酒生酒らしいフレッシュな中に透明感のあるトロッとした生酒の甘味。
新酒になりがちな渋味は少なくキレの良い辛さと心地よい余韻!!
おいおい、旨いやんかこのお酒。

「こんな旨いお酒をお客様にご紹介しないわけにはいかない。」
「天穏の旨さを知ってもらわないかん。」
という思いがムクムクとわき上がりました。

ヨシッ、決定!
方向転換して少量だけ仕入れました。
日本酒の旨さがココにありますよ!!!

★天穏 純米無濾過 生原酒 1,8L 2970円(税込)

umazake Saves The Earth

by umazake-nariyoshi | 2018-05-12 11:02 | 天穏

進化中~!

昨年の11月に仕入れた、島根県出雲市の銘酒 天穏の山廃純米 山田錦28by。
c0115019_12285717.jpg
入荷直後に開栓した時には、まだ若い印象だったので店頭には並べずにいました。

もうそろそろ大丈夫かな…と開栓。
c0115019_12294487.jpg
ひやだと若干若さを感じますが、お燗にするとまろやかさと深さが出てきていい感じ!

でも、本当の旨さはこんなもんじゃない!

開栓放置で待てことによって、若い酸がまろやかな旨味になる事、間違い無し‼︎

楽しみばい(^^)

★天穏 山廃 無濾過純米 山田錦28by 1,8L 2970円(税込)


umazake Saves The Earth

by umazake-nariyoshi | 2018-03-17 12:35 | 天穏

島根県の銘酒「天穏」入荷!

島根県出雲市の天穏(てんおん)入荷!
c0115019_12365377.jpg
リーズナブルな無濾過純米酒(2268円)は久しぶりです。
五百万石の純米酒白ラベル(2538円)も久しぶり。
特別純米酒 馨は、28byの二回火入れが無くなり次第、29byの一回火入れに変わります(ラベルも薄いピンクに変わりました)!

ひやで旨い、お燗でさらに旨くなる天穏ですが、
全国的にも人気な上に生産量が少ないため、
一年間安定してというわけには行かないのが辛いとこですが、
あるうちが“買い”の旨酒です。
熱々のおでん🍢と共にいかがですか‼︎

umazake Saves The Earth

by umazake-nariyoshi | 2018-02-15 12:38 | 天穏