福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛

営業案内
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

お気に入りブログ

ゆこのつらつらブログ

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

上喜元の80%純米

昨夜から今朝にかけてのまとまった雨で桜が散って、桜の絨毯ができている福岡です。午前中には雨も上がり、暖かくなりました。

c0115019_151866.jpg今月初めに、山形県の上喜元さんから「上喜元 純米 出羽の里 生19by」が入荷しました。チャレンジ精神旺盛な佐藤社長兼杜氏が新しく醸した低精白80%精米の純米酒です。さらに原料米は山形県の新しい酒造好適米「出羽の里」を使っています。まだ作付け面積が少ないのでご存じのない方も多いお米ですが、このお米は面白そうです。
「出羽の里」は、滋賀県の「吟吹雪」(山田錦と玉栄の子供)と、山形県の「出羽燦々」(美山錦と華吹雪の子供)を掛け合わせて生まれた品種です。比較的桿長が短いので農家さんにとっては作りやすく、心白発生率が高くて心白も大きい上に、お米が溶けやすい割りにはアミノ酸が少ないのでクリアな味に仕上がる特徴は酒蔵さんにとっても使いやすいお米でもあります。
その「出羽の里」を使ったこのお酒は、お米の特性が出ていて80%精米とは思えないクリアなお酒に仕上がっています。開栓してすぐは固めでしたが、2日目はふくよかさが出てきました。それでも固い感じがあったので2日目~3日目にかけては冷蔵庫ではなく常温(もちろん冷暗所です)で保管するとふっくらと柔らかなお酒に変わりました。この価格でこの中身を考えると、かなりお買い得です。数に限りがあるのでお早めに。

ブログランキング登録中です。下記バナーをクリックして応援お願い致します。
c0115019_15163693.gifブログランキング
[PR]
by umazake-nariyoshi | 2008-04-07 15:20 | 今日の一本