福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛

営業案内
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

お気に入りブログ

ゆこくっく

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

今年の綿屋は二倍・二倍

今日は朝から太陽が眩しいぜ!の福岡です。
予想最高気温16度の通り屋外はポカポカでした。
先日、静岡県の臥龍梅さんから吟醸粕がは入り、
冷蔵庫を開けると吟醸粕の香りで良い香りです。

昨夜は、早速昨日入荷しました「綿屋 特別純米トヨニシキ生原酒」を
飲みました。

c0115019_17262167.jpg

昨年までは、とても優しい口当たりの特純トヨニシキ生原酒でしたが、
今年は昨年にも増して大きな綿のように味わいが二倍・二倍(^^)vでした。
口に入れるとボリュームのある酸、そして口の中で旨みがどんどんふくらみます。
柔らかさがありながら、かなり高めの酸がエンディングを引き締めます。

このお酒、昔の日本酒好きな方
(比較的ご年輩の方に多い傾向ですが)や
数字で判断する方には合わないお酒かな・・・
飲む前から拒否反応を持たれそうです・・・(^^;
それはなぜか申し上げません。

しかし、そんな方々も口に含むと
固定観念をうち破ってくれそう
なほどの濃醇辛口です。

原酒なので度数も高いのもありますが、
かなり濃くて辛い・・・。
お酒の弱い店主なるきちは、邪道と言われようが
ポットのお湯を足して飲みました。
そうすると、綿屋の特徴が表れて飲みやすくなりました。

そしてもう一つ一緒に入荷したのが、

c0115019_17264798.jpg

綿屋倶楽部 純米生原酒21by
                     1,8L 2,985円  720ml 1,493円
こちらもボリュームがあるものの特純トヨニシキ生原酒と比べると、
濃醇ながらキレのある酸が印象的でした。
901号ということで、よりキレのある酸を感じます。
まだまだ若いのは当たり前ですが、このお酒・・・
秋まで寝かすと益々うまくなりそう・・・。

2本とも、今夜の二日目が楽しみです(^o^)


一押し、二押し、三に押し!
↓↓↓
ブログランキング
現在41位

[PR]
by umazake-nariyoshi | 2010-01-19 17:41 | 今日の一本