福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛

営業案内
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

お気に入りブログ

ゆこのつらつらブログ

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

睡龍 純米吟醸28byの開栓二日目

睡龍🐉の純米吟醸28by二日目。
c0115019_11224208.jpg
まったりと味が膨らみました。
最近は、大吟醸みたいにやたらと香りがある吟醸酒が多いですが、
睡龍は吟醸酒らしいほのかな吟醸香で味わいがある味吟醸酒!

吟醸酒に厚化粧は必要ありませんね。
加藤杜氏、このお酒旨かば〜い‼︎







★睡龍 純米吟醸 1,8L 3672円(税込)









umazake Saves The Earth

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-23 11:24 | 睡龍・生もとのどぶ

待望の再入荷!

しばらくの間品切れしていました華鳩 特別純米 杜氏自作米が、
29byになって久しぶりに入荷しました!
c0115019_12361526.jpg
華鳩と言えば、杜氏一年目に広島県の日本酒コンテストを総なめにした
実力派杜氏の藤田杜氏が造る正統派です!
c0115019_12363080.jpg
その藤田杜氏が、自ら栽培した酒米で造った特別純米酒がこのお酒。
杜氏栽培米だけに生産本数が少ない人気酒です‼︎
c0115019_12364567.jpg
そして、島根県出雲市の天穏(てんおん)も入荷〜(^^)どれもこれも旨そう(^。^)
c0115019_12370629.jpg


[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-21 07:00 | 華鳩

さすが加藤杜氏!バリ旨やん!!

奈良県宇陀市の睡龍 純米吟醸28by。
c0115019_12303804.jpg
穏やかな吟醸香と柔らかくまろやかな味わい、
ややグレープフルーツの風味がありつつ、爽やかにキレていく。

今までの硬めでキリッとしたイメージとは違って、
まろやかで中吟醸らしい良か出来栄え!

冷温で旨い、燗酒だとさらに旨くなる‼︎
このお酒、凄い!!!

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-20 12:30 | 睡龍・生もとのどぶ

新しいから良いとは限らんとよ!

4月も中旬になり、ほとんどの酒蔵さんでは仕込みが終わり、
仕込み中の早い毎日からゆっくりとした時間が流れる毎日にかわり、
もろみ管理や上槽作業、瓶詰めや片づけが仕事に中心になっている
ことでしょう。

今酒造期は、例年にも増して寒い日が多く大変だったことでしょうが、
酒造りに関しては良い条件だったようです。
それは、搾りたての新酒を飲んでみても垣間見ることが出来ます。
綺麗で透明感のある酒質で、味があってキレも良い印象です。
c0115019_14271381.jpg
フレッシュさと同時に、渋さと硬さもあるのが搾りたて新酒の特徴ですね。
でも開栓したてが一番美味しいのでしょうか?

日本酒って、開けたときが一番美味しいと思われる方も多いことでしょうが、
じつはそうとも限りません。
仕込み方法や酒蔵の個性によるところもあるのですが、
お酒の性質や開栓時期にも関係してきます。
銘柄によっては、開栓直後が一番美味しい状態のお酒もあれば、
開栓してから日に日に美味しくなるお酒もあります。

特に、最近の新酒生酒は開栓してすぐは、とてもフレッシュで爽やかでありながら
まだ硬くて味が開いていなかったり、渋さが強かったり、
はたまた新酒生酒の特徴でもある麹ばなが強く感じることもあります。
これがまた新酒生酒の良いところでもあるのですが、
そのようなお酒は、開栓翌日や開栓後2・3日経つと
酸や渋さが丸くなり味に深みが出てきて美味しくなることが多くあります。

これは魚にも言えることでしょう。
日本酒と最も相性の良い食べ物と言えば、
真っ先に上げられるのが“刺身”ですが、
捕れたての魚は、活きが良くて身が締まっていて美味しい物です。
でも、魚のプロに言わせれば、釣りたての魚よりも
釣って何日か経った魚の刺身が、より美味しいと言います。
釣り上げてすぐに締めた後からアミノ酸が魚の体に回って美味しくなるそうです。

なんだか日本酒と一緒ですね!
日本酒はゆっくり・じっくり味ってください!!

あっ・・・、ちなみに酒庫なりよしで販売している海鮮珍味は、
開封してすぐが美味しいかよ(^^)
c0115019_14243008.jpg


[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-19 14:33 | 酒庫なり流日本酒講座

さらに美味しく!

広島県竹原市にある竹鶴酒造さんが造る「竹鶴 雄町 純米27by」。
開栓後、約半月経過しました。
c0115019_11160910.jpg
常温では酸が柔らかくなりましたがやや苦味を感じます。
しかし、熱燗にすると苦味が和らぐと同時に、
円やかさと味わい深さが口の中に広がる!

竹鶴は開栓してからますます美味しくなるお酒ですね!!
今夜も掘り立ての筍で盃が進みます(^^)

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-17 11:17 | 竹鶴

止められない、止まらない!杉錦の純米吟醸

上品で綺麗で控え目な吟醸香と、優しい旨味、

生もとブレンドらしいシャープな酸、

そして抜群のキレの良さ。

杉錦らしい食中酒向けの純米吟醸です!
c0115019_12332283.jpg
開栓後、2、3日すると酸がほどけて円やかさがまして、香りも引き立って良くなりそうな予感!

でも今の状態でも、飲めば飲むほど飲み飽きしないで好きになるお酒。
c0115019_14305863.jpg
杉井社長、麻薬でも入っとっちゃない?ってくらい

盃が止まらんばい‼︎

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-16 09:00 | 杉錦

わかる人にはわかる、わからない人にはわからない。

ここ数日は最高気温23度や24度まで気温が上がって、
日中は暑いくらいの福岡です。

酒庫なりよしの常連客様N君。
まだ30歳代半ばの若いお客様ですが、
独身の頃から10年以上酒庫なりよしで日本酒ばかりを
お買い上げいただくありがたいお客様です。
多い時には月に一升瓶で5本以上お買い上げいただきます。
大抵は、定番酒や季節限定酒を1・2本お買い上げいただくのですが、
ココ最近、必ず購入されるお酒があるのです・・・。

実はそのお酒、今年に入って27BYから28BYにかわって、
ますます旨くなっているお酒。
しかも、そのアナウンスはそのお酒を定番で使っていただいている
某飲食店様にしか話していませんし、接客トークに使ったこともないのです。

と言うことは、N君がたまたま購入してそのお酒の旨さに気が付いた!
ってこと。
よっぽど気に入っている銘柄じゃないと3回以上もリピートすることはないN君が、
3回以上もリピートしている現実・・・は
さすがN君としか言いようがありません!

雑誌やテレビの情報で左右される若い消費者が多い中、
マスメディアに左右されることなく自分が好きなお酒を買っていくN君は、
味のわかる男であり、本当の日本酒好きですね!
ちなみに某飲食店様も28BYのすばらしさに感動していらっしゃいます。

さて、肝心のそのお酒がこのお酒。
c0115019_17401620.jpg
養老伝説でも有名な養老の滝があり、
名水百選にも選ばれている岐阜県養老町で造られる「醴泉(れいせん) 純米山田錦」。

醴泉と言えば、お米にこだわる御蔵さんで、お米も酒造好適米の王様 山田錦にこだわる酒蔵。
そして、毎年毎年酒造りを見直して旨い日本酒造りを極めようとする御蔵です。
c0115019_17404688.jpg
さらに、業界では管理が出来ない酒販店とは取り引きしないことで知られる御蔵でもあります。
27BYと28BYでは、原料や気候などの事情もありますが、
洗米機を替えたことにより酒質が上がったようです。
まさに甘露!
c0115019_17411644.jpg
しかしながら、そのような事がラベルに記載されているわけではありません。
外見は一緒ですが中味は年によって微妙に味が違います。ワインの様に。

その違いがわかる飲み手がいることの喜びと、ただの酒飲みではないN君に驚きました。
N君はただの飲み助じゃなかった~~~!!
わかってくれて嬉しかよ~~~(^^)

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-14 09:00 | 醴泉

レベルが高か~杉錦!

みなさん、「日本酒どころ」と言えばどこを思い浮かべるでしょうか?
たいていの人は、東北や新潟などの寒いところを思い浮かべる方が多いことでしょう。

しかしながら、土地はそれほど関係ありません。
なぜなら、寒いところでも美味しいお酒もあれば不味いお酒もありますし、
暖かいところでも不味いお酒もあれば美味しいお酒もあるのです。
今日ご紹介するお酒は静岡県のお酒です。
c0115019_17305114.jpg
静岡県と言えば温暖で日本酒のイメージが無いと思われる方も多いでしょうが、
実は、美味しいと評判のお酒がたくさんある銘酒どころであり、
吟醸酒王国なのです!
c0115019_17312810.jpg
そんな銘酒揃いの静岡県で、小さい蔵ながらも何度も最優秀賞や県知事賞を受賞した
実力蔵が杉井酒造さんです。
c0115019_17315139.jpg
昨今は吟醸酒よりもお米の旨みを生かした純米酒や生もと造り、山廃造りに力を入れる杉井均之介社長兼杜氏が造るお酒は、食事と共に美味しく飲めるお酒であり、
熱燗にしても味が崩れないお酒。
c0115019_17312810.jpg
例えば「杉錦 生もと純米中取り原酒2015by」。
シャープな酸とクリーミーでナッツィーな風味、
キレ良くアフターにふくらみのある旨味がある!
c0115019_17352396.jpg
「特別純米酒(生もと仕込み)」は、
柔らかくクリーミーでシャープな酸が締めくくる辛口。
さすが、銘酒どころ静岡県でも上位入賞をする実力蔵の生もと造りです!
お燗にするとシャープさが増します‼︎
コスパばり高で旨い(^^)
c0115019_15275422.jpg
「純米吟醸」は、穏やかな吟醸香と
柔らかくソフトな口当たり。
優しくまろやかな山田錦の旨味があり、そしてすっとしたキレの良さ!
精米歩合50%の吟醸造りですから、大吟醸でもおかしくないのですが、
そこをあえて純米吟醸で発売するのが控えめな杉井社長らしい!!
c0115019_17335147.jpg
生もと純米には生もと純米の旨さ、純米吟醸には純米吟醸の旨さがあり、
さすが静岡県でも一目おかれる杉井社長が造るお酒ですね‼︎
c0115019_17322731.jpg
ちょっとレベル高すぎます。
c0115019_17332007.jpg

飲めば飲むほど旨か酒やね~🍶

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-13 09:00 | 杉錦

不老泉 山廃純米吟醸 中汲み 無濾過生原酒

久しぶりに仕入れたこのお酒「不老泉 山廃 純米吟醸 中汲み 生原酒」。
生原酒だけど28byの生熟タイプです。
c0115019_15431267.jpg
それでもまだ渋さやほろ苦さが残りつつ、まったりと柔らかく、
キレイな旨味があってなかなか美味しいお酒!

不老泉さんの山廃は、酵母を無添加せずに蔵の中にいる
自然の乳酸菌の力によって造られる手間・暇、
そしてリスクのかかる山廃仕込みを、全ての山廃仕込みで行うこだわりの酒蔵です。
このお酒は、その中でも搾る際に最も味のバランスが優れた部分の
“中汲み”だけを瓶詰めした贅沢なお酒。
c0115019_15433885.jpg
まったりとしたまろやかな味とお米の旨みがが楽しめます。
生酒でこれだけ味わいが崩れないのは、
造りがしっかりしている証でしょう!



[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-12 09:00 | 不老泉

城島の銘酒!比翼鶴の無濾過生原酒!!

福岡県は城島町の銘酒「比翼鶴」さんから、搾りたての無濾過生原酒が2種類入荷しました!
c0115019_17234193.jpg
純米の無濾過生原酒と
c0115019_17240017.jpg
普通酒の無濾過生原酒です‼︎
c0115019_17241792.jpg
フレッシュでボリュームがあり、
口の中でコロコロと転がるような旨味が・・・良かね(^^)v

[PR]
# by umazake-nariyoshi | 2018-04-11 09:19 | 地酒