福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛

営業案内
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

ゆこのつらつらブログ

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:但馬 ( 1 ) タグの人気記事

北但馬の香住鶴さん訪問

兵庫県出張の2日目は、兵庫県の瀬戸内海側から日本海側へ電車に揺られて約2時間半。
カニで有名な香住にある香住鶴さんを訪問しました。
香住駅に迎えに来ていただいた営業の森上さんが運転する車に乗って
約20分で香住鶴さんに到着。
c0115019_12064662.jpg
山間にある酒蔵とテナントショップは、周囲の大自然に調和する様に建っていました。
c0115019_12075304.jpg
中に入って若き杜氏の松本杜氏とご対面。
まずは香住鶴さんの紹介DVDを観賞し、福本社長・松本杜氏・森上さんと
香住鶴さんのことをお聞きしました。
とても勉強熱心な社長さんで、現状分析やビジョンがしっかりしていて、
お客様を大切にする姿勢や、酒造りに対する情熱をヒシヒシと感じました。
そのあとは、松本杜氏・森上さんに案内いただきながら蔵見学です。
c0115019_12124427.jpg
まずは使用玄米のお話し。
一番左が山田錦なのですが、一目で稲の長さがわかりますね。
蔵の造りは、酒造りの行程に沿って見学できるように造られていました。
まず、洗米と蒸米をつくる釜場があり、その次に麹室。
c0115019_12140940.jpg
前日の都美人酒造さんもそうでしたが、麹室には蔵それぞれのこだわりと工夫を感じます。
やはり「一麹、二もと、三造り」と言われるくらいに麹の出来不出来が酒質に左右する麹造りですので、麹室には蔵のこだわりがあるようです。
c0115019_12134941.jpg
まだ40歳代と若い松本杜氏ですが、杜氏になり10年の経験を持ちます。
松本杜氏ならではの麹造りの工夫があり、それにより香住鶴らしいお酒が出来ているそうです。
c0115019_12194632.jpg
酒母室は広くとり、製造過程により二部屋に分けてありました。
全量が山廃仕込み・生もと仕込みなので、酒母の製造期間が長いため
酒母タンクも充実していました。
c0115019_12223998.jpg
山廃・生もと全量なので、暖気樽の準備と操作が大変でしょう?
とお聞きしたら、「自分たちはそれしか知らないし、それが当たり前なので苦にならない」とおっしゃっていました。
しかしながら、かなり大変だと思います(^^;;
c0115019_12252657.jpg
綺麗に掃除された半切り桶も充実していました。
c0115019_12284969.jpg
その後、仕込み場、舟場を見学して、最後は利き酒です。
c0115019_12310249.jpg
定番酒、限定酒の他に、搾って瓶詰めしたばかりの新酒も利き酒。
綺麗で味があり、キレが良くのど越し良い香住鶴。
どれを飲んでも素晴らしい旨さでした!
お酒だけでも素晴らしいのですが、香住鶴の旨さは料理と共に引き立ちます。
ぜひ皆様、食事をしながら香住鶴をご堪能下さい!

九州では2軒、福岡市内では「酒庫なりよし」だけしか取扱店がないレアなお酒でもあります。
これからの季節は、お燗でも本領発揮する旨酒の香住鶴を
よろしくお願いいたします!!

★香住鶴 生もと吟醸純米 1,8L 3024円(税込)
★香住鶴 山廃純米 1,8L 2592円(税込)
★香住鶴 生もと純米 1,8L 2268円(税込)
★香住鶴 蛇紋岩米 山田錦 山廃純米 1,8L 3110円(税込)【限定品】

umazake Saves The Earth

[PR]
by umazake-nariyoshi | 2017-11-18 12:47 | 香住鶴