福岡県福岡市城南区にある庶民派地酒専門店 酒庫なりよしの旨酒日記


by umazake-nariyoshi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
今日の一本
地酒
焼酎
ワイン
その他のお酒
イベント&飲み方
酒蔵見学
蔵元様・業界関係者様ご来店
酒庫なり流日本酒講座
飲食店様商売繁盛

営業案内
日本酒バーチャル居酒屋 旨酒屋
旨T
上喜元
綿屋
日輪田・萩の鶴
春霞
根知男山
菊姫
花垣
四季桜
開運
醴泉
杉錦
酒屋八兵衛
妙の華・るみ子の酒
睡龍・生もとのどぶ
大治郎
不老泉
澤屋まつもと
秋鹿
香住鶴
都美人
山陰東郷
辨天娘
天穏
豊の秋
加茂福
華鳩
竹鶴
龍勢
カネナカ・中島屋
九州菊
肥前蔵心
千年乃松
大賀
旭菊
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

ゆこのつらつらブログ

メモ帳

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

養老の銘酒

日本酒と言えば「寒いところ」のお酒が美味しい!
とお思いの方が今でもいらっしゃるようです。
でも、本当にそうなのでしょうか?

テレビや映画では、雪がたくさん降っている寒い冬に、
蔵人さんが酒造りを行うシーンをよく見ますが、
そのイメージが根付いているせいなのでしょうか。

実際にはそうとも限りません。
寒い地方でも全てが旨いお酒ばかりではなく旨くないお酒もあります。
また、温かいところでも旨くないお酒も有れば旨いお酒もあります。
酒の味は場所ではなく、水の善し悪しと造る人々の心・情熱なのではないでしょうか。

2017年は、1567年に織田信長が岐阜に入城し、地名を「井口」から「岐阜」にあらためて
450年を迎えました。
岐阜県でも飛騨地方と違い美濃地方は比較的冬でも暖かい地方。
その美濃で造られるお酒の中に凄いお酒がありました。
不老不死の水で知られる名水 養老の滝が有名な岐阜県養老。
その養老町で造られるお酒が「醴泉(れいせん)」です。
c0115019_11265133.jpg
奈良時代に元正天皇が養老の地を訪れ、
“滝の水が甘く健康によい。まさに醴泉である。”
と仰せられました。
その醴泉から命名されたお酒は、
兵庫県東条町の特A地域特等米山田錦を使用して造られる
贅沢なお酒。

まさに
「天降甘露地出」という言葉がピッタリと当てはまる
極上の味わいです。
c0115019_11272174.jpg
お米の旨みと綺麗な水を感じさせる醴泉 純米 山田錦を、
ぜひ一度ご賞味下さい。

おすすめの飲み方は、軽く冷えた状態・ひや・ぬる燗。
肉じゃがなどの煮物やお魚に良く合います。

★醴泉 純米 山田錦 1,8L 3,078円(税込)

umazake Saves The Earth

[PR]
by umazake-nariyoshi | 2017-11-01 11:29 | 醴泉